L880K型コペンのドアトリム取外し、交換方法

コペンのドアトリムを交換したので紹介します。
この方法を知っておくとドアロックアクチュエーターの交換やパワーウィンドーモーターの交換やドアスピーカーの交換が出来るようになります。

作業したのはL880K型のコペンです。
dscf2526
アクティブトップグレードにアルティメットエディションのドアトリムを取り付けました。
※グレードにより仕様が異なるかもしれませんが大まかな作業内容は共通です。

スポンサーリンク

L880K型コペンのドア内張り交換方法

こちらのアクティブトップ用の赤いレザー張りのドアトリムをアルティメットエディション用のオレンジのドアトリムに交換します。
dscf4888

L880K型コペンのドアトリム取外し

ドアインナーハンドルに着いている目くら蓋を外します
dscf4892

すると中にネジがあるので外します。
dscf4895

dscf4897

次にこのシルバーのパネルを外します。
※傷防止の為、マスキングテープなどで保護します。
dscf4907

差し込まってるだけなので、内貼りはがしなどで浮かせるようにして外します。
dscf4910

プラスチックなので割ったりしないように慎重に外します。
dscf4912

シルバーのプラスチックパネルを外すと中にネジがあるので外します。
dscf4916

dscf4920

あとはトリムがクリップで留まってるので、トリムの下側に内貼りはがしなどを入れて浮かせるようにして外します。
dscf4925

クリップを外したら、上側に引き抜くようにして外します。
dscf4927

外れました。
dscf4930
この状態になれば、ドアロックアクチュエーターの交換やパワーウィンドーモーターの交換やドアスピーカーの交換が出来るようになります。

L880K型コペンのドアトリム組み付け

組み付ける時は、トリムの上部をドアに差し込んで、周囲のクリップでバチンと固定します。
dscf4936

あとは取り外しと逆手順でネジやパネルを取り付けていけば完成となります。
dscf4941

ドアトリム自体に電装品が付いていないので、かんたんに脱着する事ができます。

ネジの付け忘れやクリップの付け忘れに注意しましょう。

内装をDIYする時はこのタイプのクリップ外し(内張りはがし)は活躍しますね!