後期型150系プラドのグリル交換方法

150系プラド(後期型)のグリルを交換しました。

作業したのは150系後期のTX-Lパッケージのディーゼル車ですが、同じタイプのグリルを装着していればグレードは不問となります。
DSCF0414
ただし、メーカーオプションのフロントカメラがグリルに取り付けられていると穴をあけたりする加工が必要になるかと思います。

スポンサーリンク

後期型150系プラドのグリル交換方法

プラスチックカバー外し

ボンネットを開けるとグリルの上にプラスチックのカバーがあり、クリップで固定されているのでこのクリップたちを外します。
DSCF0419

DSCF0426

クリップの中心をプラスチックなどで押します。
DSCF0427

すると中心部分だけくぼんでクリップのロックが外れるようになります。
DSCF0430

クリップ外しができる内張りはがしを利用して丁寧に取り出します。

DSCF0431

DSCF0433

DSCF0435

上の全てのクリップをはずすとプラスチックカバーが外れるようになります。
DSCF0441

DSCF0443

外れました。
DSCF0444

グリル外し

バンパーとライトに当たりそうな部分をマスキングテープなどで保護します。

DSCF0460

グリルは上部4か所ボルトで留まってますので外します。
DSCF0445

ソケットドライバーはかなり使えるので10mmだけでも持ってると便利です。

DSCF0449

DSCF0452

下側は赤丸のつけたところがクリップ差し込みになっています。
DSCF0459

上からのぞき込むとクリップの爪が見えるのでマイナスドライバーなどで押しながら軽くグリルを手前に引いて爪のロックを外します。
DSCF0464

DSCF0467

全て外したら、上側のボルトの留まってた両端が引っかかってるので、軽く上に持ち上げて手前に引けばグリルが外れるようになります。
DSCF0454

DSCF0455

DSCF0471

外れました
DSCF0474
今回はホーンの取り付けも実施しました
150系プラドのホーン(クラクション)交換方法【マルコ・ハイウェイホーン】

グリルの準備

新しく取り付けるグリルの準備をします。
DSCF0476

グリル上部のステーは純正品から付替えました。
DSCF0478

DSCF0481

DSCF0486

DSCF0488

グリルの組み付け

組み付けは、取外しと逆の手順で作業します。

下側のクリップ差し込みをして、上側のボルトを留める。
DSCF0521

DSCF0523

DSCF0524

最後にプラスチックカバーを取り付ければ完成です。
DSCF0527

グリルを変えるだけでイメージがガラっと変わるので、雰囲気を変えたい時はオススメなカスタムです。

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪


ネットショッピングやETCのご利用は楽天カードで!
只今お得なキャンペーン中です!
楽天カード新規入会キャンペーン


スポンサーリンク
アドセンス336*280
アドセンス336*280

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス336*280