DA64型エブリィワゴンのマフラー交換方法

エブリィワゴンのマフラーがサビてしまっていたので新品と交換しました。

作業したのはDA64型のエブリィワゴンです。
da64everywagon
作業内容はワゴンでもバンでも共通となります。
また、マツダのスクラムもOEMですので作業内容は同じです。

スポンサーリンク

エブリィワゴンのマフラー交換方法

こちらの錆びたマフラーを外します。
DSCF1928

マフラーを外す

マフラーを留めているボルトを外しますが、下回りやサビが出ている場所は固着している可能性が高いので、潤滑油を浸透させて外れやすいようにします。

DSCF1932

マフラーを固定しているゴムバンドにも差します。
DSCF1935

ボルトとゴムバンドを外します。
DSCF1939

DSCF1942

DSCF1943

DSCF1947 (1)

DSCF1947 (3)

ゴムバンドが外れにくい場合はプライヤーやレンチを使うと外しやすいです。

DSCF1949

次にガスケットを外します。
DSCF1965

DSCF1970

ボロボロです。
古いガスケットを使うと排気漏れの原因になりますので、マフラー交換時に新しいものにします。
DSCF1972

DSCF1977

マフラー取付

今回取り付けたのは純正同等品の社外品となります。

DSCF1959

これを機会にフジツボなどの社外マフラーに変えるのも面白いと思います。

マフラー取付前にガスケットを装着します。
ガスケットが無いと、排気漏れの原因になりますので必ず取り付けます。
※新品のマフラーならガスケットが付属していると思います。
入りずらい場合は潤滑剤を使うと良いでしょう。
DSCF1982

DSCF1983 (4)

DSCF1984

あとは取り外しとは逆の手順でゴムバンドに取り付けて、ボルトを締めれば完成です。
DSCF1986

DSCF1993

注意

マフラーは熱くなります。
必ずエンジンが冷えてる状態で作業しましょう。

新品のマフラーを取り付けた際、最初は焼けるような変な臭いが出る可能性があります。

取付が甘いと、排気漏れの原因にもなりますので、接続部分はしっかり固定しましょう。

スポンサーリンク
アドセンス336*280