DA64型エブリィのバッテリー交換方法【ワゴン・バン共通】

DA64型エブリィワゴンのバッテリーを交換しました。

DA64型エブリィワゴンのバッテリー交換

作業したのは平成22年式のDA64型のエブリィワゴンです。
マツダのスクラムワゴン・スクラムバンも同じ作業内容となります。
da64everywagon

まずはリアゲートを開けます。
DSCF1994

バッテリーはこの辺にあるのでカーペットをめくります。
DSCF1995

この中にバッテリーがありますので開けます。
DSCF1997

DSCF2001

バッテリーはステーで固定されているので、ステーを外して、マイナス端子⇒プラス端子の順番で外します。
DSCF2007

DSCF2009

DSCF2012

新しいバッテリーを取り付けます。
取り付ける時はプラス端子⇒マイナス端子の順番で接続します。
DSCF2016

あとは逆の手順で組み付けをすれば完成となります。

確認

バッテリーを外したことで電装品がリセットされているものがあるので、ナビ、オーディオ、時計などをチェックしましょう。

バッテリー交換時の注意

バッテリー交換時に電装品のトラブルを回避する為にメモリーバックアップを取る事をお勧め致します。
http://kurumaneta.com/2016/09/battery-obd2-backup/

エブリーのバッテリー選びは大切

エンジンコンピューターなどの重要な電装品はもちろん、パワースライドドアなどの電装品や、仕事用の社用車としても使用されるエブリィのバッテリーの購入は、パワーと長寿命を実現したメンテナンスフリーバッテリーを扱うカー・エイドがオススメです。


※ホームセンターやカー用品店などで単に安売りされているものは、パワー・寿命に疑問があり、最悪の場合外出先でのバッテリー上がりになる可能性もあるのでオススメしておりません。

バッテリー専門店のカーエイドなら車種別に検索できるので、バッテリー購入でありがちな「間違えた品番を購入してしまう」という心配も無く、安心して購入出来ます。

エブリィのバッテリーはコチラのバナーから検索出来ます↓

さらに、万が一に備えてJAF会員になっておけばバッテリー上がりはもちろん、それ以外のトラブルにも対応出来ます!

JAF