200系後期型ハイエースバンのナンバー灯をLED球に交換

新車で購入した200系後期のハイエースバンのナンバー灯(ライセンス球)を早速LEDに交換しました。

作業したのは200系後期型のハイエースバンです。

TRH-200V型、DXのGLパッケージですが、型式やグレード、軽油・ガソリン車などは不問で作業方法は共通です。
hiace200kouki

スポンサーリンク

200系後期ハイエースバンのナンバー灯をLEDに交換する方法

ナンバー灯を外す

まずは球を交換するために、ナンバー灯を外します。

交換は車両の外側から出来ます。

ナンバー灯を下から覗くとネジで1か所留まっています。
DSCF7659

プラスドライバーで外します。
DSCF7660

反対側は爪がはまってるだけなので、ネジで留まっている方を下にずらしたら軽く外側にスライドさせてあげると簡単に外れます。
DSCF7661

ナンバー灯のレンズと球を分離します。
DSCF7666

DSCF7668

電球をLED球に交換

球を抜きます。
(直前まで点灯していた場合、球自体が高温になっている可能性があるので注意)
DSCF7670

お好きなLED球を用意します。


LEDはプラスとマイナスを逆に取り付けると点灯しないので、一度取り付けて点灯確認します。
DSCF7672

組み付け

組み付ける際は取り外しと逆の手順で作業します。

レンズは先に爪の部分を差し込んでから、ネジを固定します。

完成・確認

取付が終わったら、再度点灯するか確認して問題無ければ作業完了となります。
DSCF7692

DSCF7693

万が一点灯しない場合は、初期不良の可能性があるので販売元に問い合わせましょう。


最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪

スポンサーリンク

フォローする