【スズキ】エブリーワゴンのキーレスキーの電池交換方法【DA62/64型共通】

スズキのエブリーワゴンのキーレスキー(リモコンキー)のバッテリーが切れて作動しなくなったので、ボタン電池を交換しました。

作業したのはDA64型のエブリーワゴンですが、この前のモデルのDA62型も共通作業となります。
da64everywagon

スポンサーリンク

エブリーワゴンのキーレスキーの電池交換方法

電池交換方法

エブリーのキーレスはネジで1か所固定されているだけなので精密ドライバーを使ってネジを外します。

IMG_2454

すると2つに割る事ができます。
※とても小さいネジなので紛失に注意しましょう
IMG_2455

するとキーレスのユニットが中に入っててそこにボタン電池が付いているので取り外します。
inとoutの記載があるのでその通りに出し入れします。
IMG_2456

IMG_2457

組み付けは分解と逆手順で作業すれば完成となります。
IMG_2454

エブリーのキーレス電池の型番

エブリーのキーレスキーに使われているボタン電池はCR1220となります。

DA62型とDA64型のキーレスの違いはない

今回作業したのはDA64型ですがキーレスのデザインが若干違うだけで作業内容は共通となります。
左がDA62型、右がDA64型のエブリーのキーレスキーです
IMG_2453

写真の通り、中身を確認したら同じキーレスユニットが使われていました。
IMG_2458

確認

ボタン電池を交換したら実際にエブリーのドアロックが開け閉めできるか確認しましょう。
電池交換でキーレスの設定がリセットされることはないので、そのまま使えるようになっているはずです。

作動しなかった場合、ボタン電池の向きを確認しましょう。

それでも作動しない場合、キーレスユニットの故障か車両側のコンピューターの故障の恐れがあるので最寄りのスズキディーラーで点検をしてもらうことをお勧め致します。

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪

スポンサーリンク

フォローする