マイクラC+Cにカーナビを取り付ける方法

日産の逆輸入車、マイクラC+Cにカーナビを取り付けましたので紹介します。

この方法ならカーナビはもちろん、CDやMDなどのオーディオデッキを取り付けることも出来ます。

また、フィルムアンテナを貼る為に、ルーフトリム(内張り)、フロントピラートリム、ダッシュボードの一部の脱着していますので、そちらも紹介しています。

スポンサーリンク

マイクラC+Cのカーナビ取付

maicracc

オーディオパネル外し

まずはオーディオパネルを外します。
元々デッキの付いていない車両なのでこの状態からスタート。
DSCF1880

パネル周辺に傷防止でマスキングテープなどを貼って保護します。

DSCF1884

まずは上の細長いパネルを外します。
内張り剥がしなどを使って浮かせるように外します。

DSCF1890

DSCF1893

次にエアコンパネルの上あたりを見るとあるネジを外します。
DSCF1894

オーディオパネルが外れました。
DSCF1903

バイザー・ピラー・ダッシュボード一部トリム外し

フィルムアンテナを貼るために必要な作業となります。
電動オープンを開けて作業したほうがいいです。

まずはバイザーを外します。
DSCF1926

DSCF1927

DSCF1929

フロントガラス上部のトリムを内貼りはがしなどを使いながら外していきます。
DSCF1932

DSCF1936

ルームランプはカプラーを抜きます。
DSCF1940

DSCF1942

こんな感じに外れました。
DSCF1945

次にピラートリムを浮かせるようにして外します。
DSCF1951

DSCF1956

ピラートリムを外したらダッシュボード上部のトリムも浮かせるようにして外します。
DSCF1959

赤丸の場所に謎のセンサーが付いていてカプラーが来てるので外します。
DSCF1964

DSCF1965

全体的に浮かせるように無理に力を入れないようにして外します。
DSCF1970

フィルムアンテナ・GPSアンテナ取付

今回マイクラC+Cに取り付けたカーナビはワンセグの見れるデッキの為、フィルムアンテナを貼ります。

アンテナの位置を決めます。
DSCF1974

アンテナ線をピラートリムで隠れるようにピラーに沿わせます
DSCF1976

線が遊ばないように結束バンドなどを使って固定します。
DSCF1987

ピラーからダッシュボード内を這わせてカーナビの裏あたりにいくように通します。
その際、配線が余ったりしたら丸めて邪魔にならない場所に固定しておきましょう。
DSCF1993

※今回取り付けたGPSアンテナはフィルムアンテナですが、ダッシュボード上に置くタイプの場合は、その位置を想定して配線を通します。

ワンセグアンテナ線、GPSアンテナ線をナビに接続できる位置においておきます。
DSCF1995

ハーネスの接続

まずは車速センサーとバック(リバース)信号を取ります。
マイクラC+Cはナビ用に車速とリバースの信号がカプラーになってるので簡単に接続出来ます。
DSCF1910

青が車速、黄色がリバース、紫がパーキングブレーキです。
年式で色が変わる可能性もあるので念のためテスターを使ってチェックしましょう。

DSCF1914

※パーキングを接続し忘れてアースに落としてしまうと、走行中もナビ操作やTVを見ることが出来てしまいます。
DSCF2011

DSCF2009

次に車種別オーディオハーネスを使ってナビと接続できるようにします。

DSCF2004

DSCF2007

ナビ本体の取付

最初に外したオーディオパネルの左右に固定されていたオーディオステーを新しく取り付けるデッキに付け替えます。
DSCF2013

普通に取り付けるとデッキ廻りに隙間が空くので日産車用化粧パネルを用意

DSCF2018

DSCF2019

ナビ本体の裏から出てる配線と車両側の配線を接続してきます。
付け忘れや接続が甘い箇所が無いように、1本1本確実に接続していきます。
電源が入らない原因の多くが、接触不良によるものか、アースが落ちていない場合がほとんどです。
DSCF2026

あとは取り外した時と逆の手順でガンガン組み付けていきます。
オーディオ以外にも各トリムに付いていたカプラーやネジ、クリップなどの付け忘れが無いように確認しながら作業しましょう。
DSCF2030

完成

動作確認をして完成となります。
DSCF2039