150プラドのテールレンズ取外し方法

150系のランドクルーザープラドのテールレンズの取外し方法です。

作業をしたのは後期型のディーゼル車です。
作業内容は前期型のガソリン車でも共通ですので参考にしてください。
またグレードもTX、TX-Lパッケージ、TZ、TZ-Gなども不問となります。
150prado

スポンサーリンク

150プラドのテールレンズ取外し方法

ブレーキランプ球、バックランプ球、ウィンカー球の交換やLED加工したい場合に取外しが必要になりますので、ご参考下さい。
DSCF1642

バックドアを開けるとボルトが見えるので、これを外します。
DSCF1644

外したらあとはクリップピンで留まってるだけなので、
真後ろに引き抜くように力を入れて外します。
DSCF1648

DSCF1650

テールレンズ自体を交換する場合は青いカプラーを抜けばテールレンズが本体と切り離されますので、交換が可能になります。
電球のみの交換がしたい場合は、それぞれの球がはまってるソケットを回して抜けば取り外せます。
DSCF1652

組み付ける際は逆の手順で、クリップピンを差してからボルトを留めればOKです。
最後に点灯確認をしておきましょう。

関連記事:バックランプをLEDに交換しました。
https://kurumaneta.com/2016/07/prado-150-backlight/