CT9Aランサーエボリューションのスパークプラグ交換

CT9A型のランエボが加速した時に高回転時にエンジンの噴けが悪くなる現象があったのでプラグの交換をしました。

型式はCT9Aです。
ランサーエボリューションⅦ、Ⅷ、Ⅸ、MRなど、4G63型のエンジンを積んだモデルなら作業は共通です。
lancer

スポンサーリンク

ランエボのプラグ交換

1 (4)

1 (5)

カバーパネルを外します。4本のボルトを取ると簡単に外れます。
2 (2)

3 (1)

コイルを留めているボルトも外します。
4 (2)

4 (1)

白いコネクターを外したらプラグコードを抜きます。
7 (2)

コードを抜いたらプラグレンチを使ってプラグを取り出します。
8 (3)

9 (2)

10 (3)

劣化していますので、新品のイリジウムプラグと交換します。
11 (2)

12 (3)

他のプラグも同じようにして交換します。

全部一気に外す場合は順番(位置)を間違えないように気を付けてください。

プラグの交換が終わったら逆手順で組み付けていけば完成となります。