マイクラC+Cのバッテリー交換方法

ニッサンの逆輸入車、マイクラC+Cのバッテリー交換方法を紹介します。

スポンサーリンク

マイクラのバッテリー交換

マイクラC+C
maicracc

ボンネットを開けると右側にバッテリーが載っています。
DSCF0617

DSCF0620

バッテリーサイズですが、UK-NISSANなので輸入車用のバッテリーになります。

国産に比べ高額ですが、上記のような互換品をうまく使えば節約できます。

バッテリーは小さな金具で固定されているので、それを外します。
隙間を覗き込むとネジが留まってるのでこれを外します。
DSCF0622

DSCF0624

こんなやつです。
DSCF0627

あとはマイナス端子、プラス端子の順で外します。
DSCF0629

DSCF0631

全て外したらバッテリーを持ち上げれば取り外せます。
DSCF0633

新しいバッテリーを載せて、逆手順で組み付けていけば完成です。
バッテリー端子を取り付ける際は、プラス端子、マイナス端子の順で取り付けます。
DSCF0649

バッテリー自体は輸入車用ですが、作業自体は国産車と同じ要領で交換すればいいので簡単です。
バッテリーは互換品で安く済ませましょう。

バッテリー交換時の注意

マイクラのバッテリー交換時に電装品のトラブルを回避する為にメモリーバックアップを取る事をお勧め致します。
https://kurumaneta.com/2016/09/battery-obd2-backup/

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪

フォローする

スポンサーリンク