ブレーキを踏むとハンドルがブレる原因は?

自動車を運転していると、ブレーキを踏んだ時にハンドルが『ガタガタ』とか『ブルブル』とブレる現象が起こる事があります。

その原因は・・・

スポンサーリンク
アドセンス336*280

ブレーキを踏むとハンドルがブレる原因

その大半がブレーキのジャダーと言われるものです。
80km/h以上の高速時のブレーキで現象が出やすいです。

主な原因は、ブレーキディスクローターの歪みや、偏摩耗、サビによるものが多いです。
特に走行距離の多い車や、長期的に放置されてサビが出ている自動車に起こりやすいです。

ブレーキジャダー
英語 brake judder
ブレーキペダルを踏んだとき、車体振動を起こしたり、ブレーキペダルが前後に振動するなどのガタツク現象をいう。一般的に高速で強いブレーキングを行ったときに起こりやすく、車輪の回転と同じ周期で発生する。おもな原因はローターの厚みの不均一で、ローターをはさみ込んだ2枚のパッドの間が、広くなったり狭くなったりすることの繰り返しが、サスペンションを通じて車体に伝わったり、ブレーキ配管を通じてペダルに伝わったりする。わずか数十ミクロンの差でも発生することがある。
大車林

通常、平らになっているはずのブレーキローターが、たくさんの走行距離を走る事で、偏摩耗や歪みが出てくることがあります。
↓酷使されたブレーキローター
DSCF0710

偏摩耗
消耗品なので長い間使っているとどうしても削れていきます。
DSCF0717

錆びによる腐食
軽いサビであれば、1回走り回れば削れてキレイになりますが、長期放置で腐食したサビはジャダーの原因になりかねます。
DSCF0722

直定規を使って見ると、平らじゃないことが分かりますね。
DSCF0709

修理方法

もちろん、修理をすることで減少を改善する事が出来ます。

ディスクローターの研磨

削れたり、錆びてしまった部分をキレイに研磨する方法です。

金額としては、ローター1枚5000円~10000円くらいでしょうか。
研磨できる厚さにも限界があるので、ある程度の状態になったら研磨不可になり、交換が必要になります。

ディスクローターの交換

ローターを新品に交換します。
上のローター研磨より確かな効果が得られるでしょう。

通常ブレーキは左右同時に使用するので、交換する時も左右同時に実施した方が良いでしょう。
金額は1枚(片側)につき部品と工賃を合わせて2~3万円くらいでしょうか。
※車種によって大きく異なります。
 特にスポーツカーや、車重のある高級車などは高額になります。

ディスクパッドの交換も同時に実施する

ローターを研磨や交換の場合もディスクパッド(ブレーキパッド)も併せて交換したほうが良いでしょう。
ローターが削れているという事は、その形でディスクパッドも摩耗している可能性が非常に高いからです。

部品代、工賃は車種によって異なりますので参考までに。

ジャダーが起こったからってすぐにブレーキが効かなくなるわけではありませんが、早急に整備工場に持ち込むことをお勧め致します。

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪


工具をお探しでしたらコチラの記事をご覧ください
カーナビを取り付ける時に便利なオススメ工具たち
カーナビを取り付ける際にあると便利な工具を紹介致します。 自動車にカーナビを取り付ける時に便利なオススメ工具たち 工具 必ず必...

スポンサーリンク
アドセンス336*280
アドセンス336*280

フォローする