L405Sソニカのナビ・オーディオの交換・取付・取外し方法

ダイハツ、ソニカのカーナビ、オーディオ、ステレオデッキの交換、取付、取外し方法を紹介します。

型式はL405SもL415Sも共通です。
またグレードもRS、Rなどソニカなら全て共通の作業となります。
sonica

スポンサーリンク

ソニカのナビ・オーディオ交換

写真と同じタイプかご確認ください。
今回は前オーナーがオーディオを外した状態だったソニカにアルパインのCDデッキを取り付けました。
DSCF0465

まずはテープでオーディオパネルやその周辺に傷が入らないように保護します。
DSCF0467

最初にシフトパネルを外します。
内張りはがしを使えば簡単に外れます。
DSCF0468

DSCF0471

エアコンスイッチもついているので、裏の配線カプラーを外すのを忘れないように注意してください。
DSCF0472

次にメーターフードパネルを外します。
これを外さないとオーディオパネルが外れないつくりになっています。
DSCF0475

DSCF0477

内張りはがしを使いながらうまく取り外していきます。
DSCF0479

これで分解完了です。
あとは取りつけていけばいいだけです。
DSCF0480

ソニカ専用のオーディオステーを用意して、新しく取り付けるデッキに取り付けます。
(もともとオーディオやナビが取り付けられていれば、このステーも装着されていると思うので不要なはずです)
DSCF1126

DSCF1128

次にデッキの左右に目くら蓋を装着します。
(このソニカはワイドボディサイズのオーディオパネルの為、通常の2DINサイズのデッキを取り付けると左右に隙間が空いてしまいます。)
DSCF1131

DSCF1135

ダイハツ専用の配線カプラーを用意して、デッキの配線と繋いでいきます。

DSCF1142

全て繋ぎ終わったら本体側のカプラーと接続します。
DSCF1144

組み付け

カプラーを接続し、オーディオステーを4か所ネジで固定したらオーディオパネルを組み付けていけば完成となります。
DSCF1146

最後に時計合わせ、ラジオチューニング、音出しをして確認しましょう。

社外カーナビを取り付けする場合

社外カーナビ取付の際は車速センサーやバック信号を接続しなければいけませんが、ソニカは純正ナビ用に車速線、バック信号、パーキング信号がカプラーになってオーディオ裏にあります。
なのでエーモンの接続キットを使えば加工をしないでそのまま社外ナビを取り付ける事が出来、とても簡単です。

ナビのフィルムアンテナを貼る場合はピラートリムを外す必要があります。
他の車種ですが、コチラの記事が参考になるかと思います。
フロントピラーの内張りの取外し方。

ナビをお探しでしたらAmazonで買えます。