ダイハツ、タントのキーレスリモコンキーの電池交換方法(写真あり

ダイハツの軽自動車、タントの鍵(リモコンキー・キーレス・インテリジェントキー・キーフリー・スマートキー)のボタン電池の交換方法を写真つきで解説します。
電池が切れてカギのロック・アンロックが出来なくなってしまったら参考にしてください。

タントの型式はL350S・L360S系となります。
キャプチャsss

スポンサーリンク

タントのキーレス電池交換

グレードはL・X・RS・VS・カスタムL・カスタムX・カスタムRS・ハッピーエディションなど、写真と同じタイプのスマートキーであれば作業は同じです。
IMG_9900

IMG_9901

まずは、スマートキーのてっぺんに付いているつまみをスライドしながら、横に付いている鍵を取り出します。
IMG_9902

次に、同じようにスマートキーのてっぺんに付いているつまみをスライドしながら、ダイハツのマークが付いているカバーをスライドさせます。
IMG_9903

そのままスライドさせながらカバーを外すと小さいネジが4本見えます。
IMG_9904

この小さいネジ4本を精密ドライバーを使って外します。

IMG_9905

とても小さいネジなので紛失しないように気を付けてください。
IMG_9909

そしてそのネジの付いていたカバーを取るとボタン電池が見ます。
IMG_9906

爪の付いていない方を持ち上げるよにして、軽くスライドしながら取り出します。
IMG_9907

するとボタン電池が取り出せますので、電池の型式を確認します。
IMG_9908
タントのリモコンキーのボタン電池の型式はCR2032です。

新しいボタンを入れます。
外した時とは逆にスライドしながら取り付けます。
IMG_9907

あとは分解したときと逆の手順で組み付けていけば完成となります。
IMG_9905

確認

全て組み付け終わったらキーレスのボタンを押して鍵がロック・アンロックできるか確認しましょう!

電池切れても再セットアップは不要なので、使えるようになっているはずです。

万が一作動しない場合は再度分解、組み付けをしてみましょう。
それでも動かなければキーレスの故障か、車両側のコンピュータの故障が考えられるのでディーラーで点検されることをオススメします。