JB5系ライフにHIDを取り付ける方法(写真有

JB5系ライフにHIDを取付けます。

JB5以外に、JB6、JB7、JB8も共通です。グレードもC、F、ディーバなどHIDを使われてないライフも共通なので参考にしてみてください。

今回取り付けたのはこちらのJB5の後期モデルです。
DSCF5340
※グレードCにディーバのバンパーが移植されています。

スポンサーリンク

JB5系ライフにHIDを取り付ける方法

HIDは市販のものを使いました。

オススメはFCLです。
fcl 35W H4 Hi/Lo 6000K HIDコンバージョンキット
今では安いHIDが多く出回っていますが、左右の色ムラがないのと、不良品に対しての保証や対応がしっかりしているのでオススメです。
※安くて保証付を謳っているものは、電話対応が外人で話が通じないことなんてこともあります。

1HID (3)

まずはボンネットを開けてバッテリーの端子を外します。

2バッテリー外し (2)

次にヘッドライトのカプラーを抜いて、取り付けられているH4バルブと防水ゴムカバーを外します。

3配線外し (2)

それに伴い、作業の邪魔になるのでヒューズボックスを外しておきます。完璧に外さなくても、浮かせられるようにしておくだけでOKです。

4運転席側ヒューズBox外し (4)

で、外したハロゲンバルブとHIDの比較

5HID,H4バルブ比較 (3)HIDのバナー(バルブ)に防水ゴムカバーを取り付ける為に、ばらします。

6バルブ分解 (3)

この後ゴムカバーを取り付けます。

7ラバー取り付け (3)

先に取り付けておかないと、車両側に取り付けられないので先にこの作業は済ませておきます。

これを車両側に取り付けます。取り外したのと逆手順で取り付けて、ゴムカバーをしっかり閉めます。

8ヘッドライトへ固定 (3)

次に配線を取り回すのにグリルを外しておきます。

9配線の為のグリル外し (3)

グリルで隠れるように運転席側のバラストから助手席側にプラスの電源配線を通します。

10配線通し (1)

配線が遊ばないようにタイラップで固定します。

10配線通し、タイラップ固定 (3)

次にマイナスのアース線をボディアースします。

13アース (2)

運転席側のバラストを取り付けるのに適当な場所が無かったのでヒューズボックスに固定しました。

11バラストヒューズBoxへ仕方なくタイラップ固定 (2)

これで運転席側の取付は完了です。

次に助手席側。バッテリーの横にバラストを取り付けました。

14助手席側バラストバッテリーケースに固定 (3)

あとは配線同士を接続していきます。

15各カプラー接続 (2)

カプラー類はカチッと音がするまでしっかり閉めます

16H4カプラー接続 (2)

運転席側の車両側のカプラーが空くので防水処理をしておきます。

19運転席側H4カプラー防水施工 (1)

接続が全て完了したら、電源配線をバッテリーに取り付けます。

17接続 (2)

最後に助手席側のアース配線を繋げて完了です。

17接続 (1)

HIDライトの点灯チェックをします。

ロービーム、ハイビーム、パッシングをします。

20点灯確認 (3)

動作を確認したら完成です。

このライフはフォグライトもHID化されているので、色合いもマッチしてとてもかっこよくなりました。

20点灯確認 (6)

HID取付は高電圧の部品を取り扱うので取付の際はバッテリーの端子を外すことを忘れないよにして、細心の注意を払って作業をすれば難しくはないと思います。
ぜひDIYにチャレンジしてみてください。もちろん、無理だと思ったら作業はやめておきましょう。

おまけ:ライフJB5にエアサスの作動動画

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪

カーナビを探してる方は今月が狙い目です!

「今」が狙い目のエンタメ充実カーナビ一覧はコチラ 必見

スポンサーリンク

フォローする