MH21系ワゴンRのナビ・オーディオの取付け・取外し・交換方法(写真有)

ワゴンRに取り付けられていた純正のCD・MDデッキを取り外して、社外のカーナビを取り付けたのでご紹介します。

今回作業したワゴンRはMH21S型です。
キャプチャ
同じMH21系のワゴンRでもマイナーチェンジ前と後(前期と後期)、さらにマニュアルエアコンとオートエアコンで若干仕様が異なるので注意です。

スポンサーリンク

MH21S型ワゴンRのナビ交換

今回のワゴンRはマイナーチェンジ後の後期モデル(H17/9~H19/2)でマニュアルエアコンとなります。

ご自身のワゴンRのオーディオ形状が下の写真と同じタイプかご確認下さい。
1 (3)

このタイプのオーディオが付いている場合は社外のカーナビやオーディオを取り付ける際に専用の取付キットが必要になるので、事前に購入しておきましょう。

※AZワゴンとワゴンRの形状は同等となりますので上記のキットが使用できます。

ちなみに前期モデル(H15/9~H17/9)はコチラのキットになりますので間違えないようにしましょう。

このキットならオーディオパネルと一緒に車種別の電源取り出し配線(オーディオハーネス)と車速取り出しカプラーもセットなのでオススメです。
8パネルキット (5)

純正のオーディオを外す

最初にオーディオパネルが留まっているボルトを外します。

これはとても分かりづらい場所にあります。

下記の写真のように下からオーディオの裏あたりを覗いてみてください。
4隠れオーディオステー外し (3)

暗いのでライトを当てると分かりやすいです。

すると写真のようなボルトがありますので、それを外します。
4隠れオーディオステー外し (8)
これを外さないとオーディオパネルが外れません。

次にオーディオパネル周りにマスキングテープでキズがつかないようにします。
1マスキング (2)

テープを貼ったらオーディオパネルの上に内貼りはがし等を使ってオーディオを外します。

ボルトは最初の一本だけであとはクリップで留まってるだけです。

5オーディオ外し (2)

傷がつかないように慎重にゆっくり力をいれていきます。

ある程度外れたら手前に引けば外れますので、オーディオの裏側にささってるカプラーやアンテナ線を抜きます。
5オーディオ外し (4)

オーディオパネルの取付準備

今回用意したオーディオパネルはハザードスイッチとオーディオステーとクリップを移植する必要があります。
※移植といっても作業内容は至極カンタンです。

ハザードスイッチ外し

まずは純正のパネルに着いていたハザードスイッチを外します。
6ハザードスイッチ移植 (2)

裏返すとネジで留まっているだけなので簡単に外れます。
6ハザードスイッチ移植 (4)

オーディオステーを外す

赤丸のネジを外します。
反対側も同じように留まっているので外します。
10オーディオステー取り外し (5)

するとステーが外れます。
※この外したオーディオステーは新しく取り付けるナビに取り付けておきます。
10オーディオステー取り外し (7)

パネルクリップを外す

次に純正のオーディオパネル裏に付いているクリップを外します。
左右に開きながら抜けば簡単に外れます
7クリップ移植 (2)

移植しておく

外したハザードスイッチとクリップは新しいオーディオパネルに取り付けておきます。
9ハザードスイッチ移植 (4)

ハザードスイッチはネジ止めだけだし、クリップははめるだけなので簡単です
9ハザードスイッチ移植 (8)

電源ハーネス接続

新しく取り付けるナビの配線とキットに付属の車種別電源取り出し配線(オーディオハーネス)を繋ぎます。
11カプラー接続 (2)
これで車両側のカプラーとナビを繋ぐだけで、ナビの電源やスピーカーの配線を接続する事が出来ます。

車速パルス・バック信号の取り出し

車速パルスとバック信号を取り出します。

この型のワゴンRはカーナビ用の配線でオーディオ裏に車速パルスとバック信号のカプラーが来ています。
最初に紹介したキットに付属されているカプラーを接続する事で簡単に取り出すことができます。
12車速、バック信号 (1)

※ナビ側(キットに付属のカプラー)のパーキング信号の線を切って、ボディアースに落とすことで走行中でもDVDの映像を映したり、ナビの操作を出来るようになりますので、必要に応じて加工します。

フィルムアンテナの取付

次に地デジとGPSのフィルムアンテナを取り付けます。
フィルムアンテナを取り付ける為にはグローブボックス、フロントピラートリムを外す必要があります。

グローブボックス外し

まずはグローブボックスを外します。
2グローブBOX外し (4)

付け根が2か所はまってるだけなので簡単に外れます。
2グローブBOX外し (7)

フロントピラートリム外し

次はフロントピラー(Aピラー)のトリムを外します。

クリップだけで付いているので内貼りはがしを使って浮かせながら、引っこ抜く要領です。
3ピラー外し (4)

フィルムアンテナを取り付ける

まずはフィルムを貼る箇所の脱脂をします。
脱脂をしないと剝れる可能性あるので、この作業はしっかり行いましょう。
16ガラスクリーニング (4)

キレイにしたらフィルムアンテナを貼り付けます。今回のフィルムアンテナはGPSアンテナ一体になっているタイプなので、作業もシンプルです。
17フィルム貼 (1)

フィルムアンテナを貼ったらアンテナを取り付けます。
17フィルム貼 (6)

アンテナ線をナビ裏まで取り回す

アンテナ線はフロントガラスとルーフトリムの隙間に隠しながら、フロントピラーまで取り回します。
14GPSワンセグアンテナ配線、固定 (3)

アンテナ線をそのままピラーとダッシュボードの隙間にアンテナ線を入れてグローブボックス裏に出します。
14GPSワンセグアンテナ配線、固定 (1)

そのままグローブボックス裏を通してナビ裏まで取り回します。
19アンテナ配線 (2)

その際、長くて余った線は丸めて結束バンドなどで邪魔にならない場所に固定しておきます。

組み付ける

電源配線、車速パルス、バック信号、アンテナ配線、GPS配線など必要な配線を全て繋げて車両に取り付けます。
20ナビと接続 (2)

※接触不良をしていると電源が入らないなどの不具合の原因になりますので、アースや電源配線類はしっかり接続するようにします。

配線を接続したらナビを取り付けます。
※ナビ裏の配線が邪魔でナビが奥まで入らない場合は、裏の配線を動かしてナビが奥まで入るポイントを探します。

一番最初に取り外したオーディオ裏のボルトを取り付けるのを忘れないようにしてください。
4隠れオーディオステー外し (8)

ナビを取り付けたら、キットのオーディオパネルを取り付けます。

また、フロントピラーやグローブボックスなど、取り外してあったパネル・トリム類を全て組み付けます。

クリップやネジ、カプラーやハーネスの付け忘れに注意して、確認しながら組み付けていきます。

確認

全て組み終わったら最後にナビの動作、地デジの受信感度のチェックをして完成です。
21完成 (2)

動作しなかったら

ナビに電源が入らない場合、下記事項を確認してください。
・各ハーネスがしっかり接続されているか
・アースが接触不良を起こしていないか
・オーディオ用のヒューズがショートしていないか

上記の電源類が接続されているのに作動しない場合、初期不良の可能性もありますので、メーカーに問い合わせてみましょう。

MH21SワゴンRのナビ取付まとめ

以上、ワゴンRへのカーナビ取付のご紹介でした。

説明は長くなりましたが、構造と作業内容はとてもシンプルなので、工具があればそれほど難しい作業ではないと思います。

またMH21SのワゴンRへは2DINサイズのカーナビがオススメです。
AmazonならHDDタイプからSDメモリーナビタイプまで揃っています。

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪


工具をお探しでしたらコチラの記事をご覧ください
カーナビを取り付ける時に便利なオススメ工具たち
カーナビを取り付ける際にあると便利な工具を紹介致します。 自動車にカーナビを取り付ける時に便利なオススメ工具たち 工具 必ず必...

スポンサーリンク
アドセンス336*280
アドセンス336*280

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス336*280