古いタイヤを使っているとどうなるか?

古いタイヤって何か問題あるの?
溝も残ってるし交換するにはもったいないんだけど…

っていう質問を頂きましたのでお答え致します。

古いタイヤを使っているとどうなるか?

古いタイヤを使っていると段階的に問題が出てきます。

1、硬くなる

タイヤはゴムなので古くなると硬化してきます。

硬くなってくると、タイヤ本来のグリップ力が無くなってしまうので、スリップしやすかったりなります。

目視では確認できないレベルの硬化は大きく気にしなくても大丈夫です。

2、割れてくる

硬化がさらにするむとタイヤの接地面や横(サイドウォール)にヒビが入ってきます。

こうなるとかなり硬くなってしまっている可能性があります。

家の周りをちょろっと走る程度なら交換はしなくても良いと思いますが、高速道路に乗ったり、ある程度スピードの出る走りをする場合は早めに交換したほうが良いかと思います。

3、裂ける

ヒビが入って硬くなったタイヤで走っていると写真のように裂けて、そのままバーストする可能性が高くなります。

タイヤ

こうなったら早急に交換しましょう。

タイヤは走っている車を支えるとても大切な部分です。

日ごろからチェックする癖をつけておきましょう。
バーストしてからでは遅すぎますので・・・

タイヤがバーストすると?

劣化したタイヤを使っていて最悪バーストしてしまったとします。

すると急激にハンドルが取られて、車のコントロールが出来なくなります。

その結果、自分だけでなく他人を巻き込む大事故を起こす可能性があります。


これは実際に起こりえる事故です。

「たかがバースト」
と、思わずに早いうちに対策をしておく必要があります。

バーストを防ぐには?

残念ながら道路を走る以上、障害物などの影響でバーストする確率は0%ではありません。

それでも劣化したタイヤを使わない事でバーストの危険性は大きく下がる事は言うまでもありません。

日ごろからタイヤのチェックをする癖をつけてタイヤの硬化・劣化が見られたら早々の交換を実施致しましょう。

タイヤ交換を安くする方法

そうはいってもタイヤ交換は簡単に出来るほど安いものではありません。

そこで少しでもタイヤ交換を安く済ませたいという方にオススメなのがタイヤ通販のAUTOWAY(オートウェイ)です。

海外ブランドのタイヤをメインに扱っていて、ネットに特化して販売しているので、価格が抑えられているのが特徴です。
今では自動車の業者がオートウェイを使ってタイヤの仕入れを行っていると言われているほどです。

オートウェイのサイト内で、タイヤ交換が出来るショップを検索できるタイヤピットというものがありますので、タイヤはネットで買って、近所のタイヤピットで交換しましょう。

輸入タイヤが心配?

海外製の輸入タイヤを心配だと言う方がいますが、心配に値するほどのリスクは考えづらいです。

国産の高価なタイヤに比べれば、『耐久性』、『静寂性』など怠るかもしれませんが、そこまで気になる方は稀だと思います。

グリップ力に関しても、例えばサーキットや峠道でガンガン走るのであれば差が分かるかもしれませんが、一般道を普通に走る分には大きな差を感じることもないと思います。

それに実際に海外製のタイヤだからどうにかなったという話も聞いたことがありません。

それよりも大切な事は、溝が無くなってたり、劣化して硬化した古いタイヤでいつまでも走っているのに比べれば、海外製でも新品に交換した方がよっぽどバーストするリスクが無いということです。

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪


工具をお探しでしたらコチラの記事をご覧ください
カーナビを取り付ける時に便利なオススメ工具たち
カーナビを取り付ける際にあると便利な工具を紹介致します。 自動車にカーナビを取り付ける時に便利なオススメ工具たち 工具 必ず必...

フォローする