全国交通安全運動とは何をするか?その内容とは?

1年に春と秋の2回行われる、【全国交通安全運動】ですが、いったい何が行われるのでしょうか?

そもそも【全国交通安全運動】とはだれが主催なのでしょうか?
主催: 内閣府、警察庁、総務省、法務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、 国土交通省、防衛省、都道府県、市区町村、自動車検査独立行政法人、 独立行政法人自動車事故対策機構、独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構、 自動車安全運転センター、軽自動車検査協会、全日本交通安全協会、 (公財)日本道路交通情報センター、全日本指定自動車教習所協会連合会、 日本二輪車普及安全協会、日本自動車連盟、日本バス協会、 全日本トラック協会、全国ハイヤー・タクシー連合会
※その時により変動あり

このように警察だけでなく多くの行政法人や協会などの協力によって行われています。

目的としては、子どもや高齢者の交通事故死者件数が交通事故死者数の約半数を占めているため、「子供と高齢者の交通事故防止」を運動の基本とされています。

運動の主な内容
【自転車の安全利用の推進(自転車安全利用五則の周知)】
【全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底】
【飲酒運転の根絶】

上記の運動の為、街中で警官が増えて、自転車の取り締まりの強化をしたり、
自動車のネズミ捕り、シートベルト、携帯電話、そして夜間に飲酒運転の検問が実施されるわけです。

あくまでも車両を運転する者として「あたりまえの事の確認」の為の運動となりますので、安全運動をやっているから飲酒をしないという考えではなく、常日頃、安全運転を心がけるようにしましょう。

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪


ネットショッピングやETCのご利用は楽天カードで!
只今お得なキャンペーン中です!
楽天カード新規入会キャンペーン


スポンサーリンク
アドセンス336*280
アドセンス336*280

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス336*280